なさけない、トホホ

Windows98 の HD を IEEE-1394 で Windows-XP に繋ぐ必要があって繋いでみたんだけど、反応せず。おかしいなぁ、と思いドライバが無いのかと WindowsXP の CD-ROM を出してきて「新しいハードウェアの追加」とかやってみたり、マザーボードのドライバ CD-ROM を出してきてみたり。色々やってみたけど結局だめ。うーん、困った。で、ふとマザーボードの説明書を見て愕然、なんと IEEE1394 の文字が無い。そうかぁケースには端子が付いていたのでてっきり接続できる物と思っていたんだけど、肝心のマザーボードがサポートして無かったなんて。自分で組み立てたやつなので、すっかり忘れてました。Windows の HD なんで Windows の方が良いと思ったのが敗因でした、結局マックで接続してファイルをバックアップで終わり。なんだかなー。

iPalmMmemo Outlineview の不具合

Outlineview がどうしても旨く動作しないと以前書きましたが、解決しました。プライベートメモだった場合アイコンを表示していたのですが、カテゴリとかプライベートで無いメモだったらアイコンは不要なので削除してしまっていたのが原因でした。ダブルクリックで変更できるし、よかった。

iPalmMemo Widget

結局プラグインを使ってしまった。既に有る物を変更する方が JavaScript での機能を調べるより早いし。前回作成した時の不具合もついでに修正。時間がかかったのは、やはりデザイン。でも時間をかけた割には。。。

玄箱 Lan Disk

すこし前に玄箱/HG ってのを購入。それまで使っていた BUFFALO の HD-HGLAN のハードディスクを取り出し玄箱へ移動。HD-HGLAN はマックでも使用出来るんだけど、長い日本語のファイル名が駄目で。ファームウェアが更新されサポートされるかと思っていたが、それも無さそう。と言う訳で玄箱を買って samba の最新バージョンにすれば大丈夫かと。
しかし、まぁ、telnet 出来て開発環境も cd-rom に付いてくるんだけど。Linux なので rpm やら apt で簡単にインストールしたい。でもそうは寛太にはさせてくれないらしい。まず rpm が正常に動作しないし。検索すると rpm が要求するライブラリと実際にインストールされているライブラリのバージョンが違うらしい。仕方ないので色々と探したが結局古いファームウェアから抽出。で、他にも問題が有りそうなので Vine 化する事に。
Vine 化には山下さんが色々調べているので参考にしました。私の場合 玄箱に Linux インストールに必要な rpm ファイルを ftp でアップロード。そのあと玄箱で山下さんの方法で別途 Linux のイメージを作成。その HD を今度は Linux 機につないで、その HD のルートにコピー、コンフィグファイルを編集。玄箱に戻して起動。成功!、となるはずでしたがコンフィグファイルの編集が間違っていたとかで数回繰り返すはめに。。。
現在は 最新の samba 3.0.21 をインストール。長いファイル名も大丈夫です。

やっとヘルプが終わった、かな?

ほぼヘルプの編集が終わった。検索の動作がいまいち掴めないなぁ。英語のヘルプは翻訳ソフトが大活躍。たぶん変な英語になってるはず。以前から他のソフトにも「英語が変だ」とメールを貰っていたし。とは言っても本人が分かって無いんだからしようがない。母国語も怪しいし。
さあ Widget でも作成するかな。今回のはプラグインを使用するかどうか思案中。以前のはプラグインを使わないとメモが読めなかったからだけど、今度のは1メモ1ファイルなので大丈夫かなぁ? JavaScript ってローカルなファイル読めるのか??
あと残っている問題は OutlineView でアイテムをダブルクリックして内容を変更する処理。1〜2回は正常に動作するんだけど、それ以降ダブルクリックしてもフィールドがリバース状態で元の文字列が見えない状態になる。しかし入力すれば変更されるので記述したコーディングは問題ないと思われる。なんでかなぁ?これを解決しないとリリース出来ないし。

I Love Macintosh