次は?

QueueMemo , iPalmMemo とバージョンアップして来ました。次は、と言うと。やはり MailUnreadStatusBar でしょう(名前が長い)。

内部での処理方法を大幅に変更する予定です。現状は AppleScript に依ってメールボックスやメールの未読を取得していますが、これを止めて ~/Library/Mail に有るファイルから取得する様に変更する予定。未読をチェックするメールボックスの設定あたりの操作性を変更(もう少し格好良くしたい)。メニューバーに表示するアイコンの追加・削除をユーザが出来るようにしたい。未読メール一覧を表示して送信者と件名を確認出来るようにしたい。最後にメールサーバを参照して未だ Mail.app に読み込んでいないメールをチェックしたい。これが出来ると Mail.app を起動して無くても未読チェックが行えるので。

最後のサーバをチェックするのを除いた部分が完成したらリリースするかも知れません(現状の機能と同等な状態)。

iPalmMemo も Mail.app の様な3ペイン形式にもしたいような、したくないような、迷ってます。1カテゴリにメモが沢山有る場合現状では見にくいと思うんです。カテゴリも別に階層表示する必要も無いですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>