MotionEditor その後

え〜 MotionEditor をリリースした後、一気にモチベーションが無くなってしまいました。残り少なかった所へリリースしたのでマイナスになってしまったかと。
リリース後見つかったバグは「RCB-3 から読み出した時、無線コントロール値を取り込んで無くて既定値に戻ってしまう。」が有りました。これは修正ずみ。ついでに各サーボの名前が設定出来る様にしました。これは変更は1ヶ所なんですが、そこここに表示されるので大変です。忘れている所が有るかも。

無線コントロール一式を購入(USB コントロールの奴)して、いざテスト。
で、判明した事が。KRC 互換モードだと実機でテストしなくても良い事が判明。あ〜買わなくても良かったかも。モーション実行中に値を取得してモーションを微調整出来るのかと思っていたのですが、単にモーションを実行するだけしか出来ない様です。モーション実行中に値を取得するには(PA1 , PA2 とか)拡張低速シリアルモードにしないと駄目みたいです。近藤科学がリリースしているソフト RCBCommander(RCB-1 用の) は低速だけしかサポートしてないみたい。RCB-3 対応の RCBCommander は無線では無く高速シリアルに接続した有線だけみたいだし。
どうなっているんでしょうねぇ?ちょっと混乱気味。
RCB-3 の設定を拡張低速に設定して拡張低速のフォーマットでデータを送信すれば動作するのかなぁ?それとも RCB-3 の低速シリアル端子に接続して拡張低速のフォーマットでデータを入力する必要が有るのか、うーむ、実験しなくては。
結果はまた報告しますが、ちょっと時間がかかりそうです。

(MotionEditor をリリースするも反応無し、まぁこれは想定内なんですが、ちと寂しい)

「MotionEditor その後」への2件のフィードバック

  1. てつさんコメント有り難う御座います。もう既に解決しているかも知れませんが、私もテストしてみました。多分 USB ドライバをインストールしていないからだと思います。コンソールのログを見ると分かります。ドライバをインストールする前だと確かに起動しませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>