Palm pre の日本語入力

やはり、ひらがな・カタカナだけじゃぁねぇ。と言う事で色々と試行錯誤しています。他にもミニーさんMini’s IMEとかかざわざわの半径さんもじもか for Palm webOS コンセプトバージョンとか有りますが。基本はコピペで本来入力したいところへペーストする方法なのです。「もじもか」は直接入力出来る方法も有る様ですが変換を行うのに web の日本語変換サービスを用いておられるので Palm pre 単体で無いので、ちょっと、と言う感じです。

「もじもか」も 「VirtualKeyboard」 も “palmInitFramework200_47.js” (注 200_47 はバージョンに依存)と “widget_charselector.js” をごにょごにょして実現しているのですが、”widget_charselector.js” は前回の投稿での画像を表示&操作している widget です。不思議なのが、単体で存在する “widget_charselector.js” と同じ内容が “palmInitFramework200_47.js” 内にも書かれている所です。ただ、通常は単体の方を使用してないみたいですけど
で、私も同じ様に “palmInitFramework200_47.js” 内の CharSelector の名前を変更して単体の “widget_charselector.js” が動作する様に変更するパターンを選択しました。
ノーマルの CharSelector は1文字づつなので日本語変換の場合文字数が足りません。そこで1行に1候補を表示する様に変更。入力しているローマ字を表示。入力したローマ字をひらがなに変換した物を一番最初に表示。
こんな感じです

とりあえず日本語変換の辞書ファイルを SqLite のデータベースにしたのですが、webOS からデータベースを使用する場合初期データを設定出来ないのです。調べても分からなかった、と言うのが本当の所で、実際には有るのかも知れません。まぁ、その問題は後で解決するとして。プログラムから作成したデータベースファイルへ本来の辞書データベースをコピペして作成しました。ただ、プログラムからデータベースを作成すると、そのプログラム固有の場所に作成されます。これは日本語変換には致命的な問題です。変換プログラム固有の場所だったら良いのですが。メモ帳で使用するとメモ帳の場所、と言う具合に実際に使用したいプログラム固有の場所となってしまうのです。これも、日本語変換をまず作成したかったので後回ししました。
“widget_charselector.js” のソースと格闘する。なんせ JavaScript と言えば、ちょっとした事しかやった事が無かったので大変です。さらに webOS のフレームワークが絡んでいるので試行錯誤の連続でした。なんとか、それっぽい感じまで出来たので。残した問題を解決する必要が有ります。

1.辞書ファイルの場所
2.辞書ファイルの初期設定

色々調べたのですが、結果サービスを利用するのが一番と言う結論に達しました。ただ、サービスは Java で作成されている事が分かったのです。で、サービスの作成方法を調べるのにネットを徘徊。有るもんですねぇ。Gitoriousで見つけました。JavaScript で悩んだのに、今度は Java ですか。で、今度は Java と格闘する事に。Java の場合プログラムだけで無く jar ファイルを作成するにも一苦労です。まぁ私の場合だけだと思いますが。そんなこんなで、なんとか使えなくは無い所まで出来ました。

どうですか?小さな問題はまだまだ一杯有りますが、一番の問題はインストール方法とシステムのファイルを修正する必要が有る事ですかねぇ。
日本語変換は POBox の様にしたいと思っています。辞書のメンテナンスプログラムも必要です。もっと良い物が出てくるまでは使える様な気がします。

「Palm pre の日本語入力」への2件のフィードバック

  1. はじめまして 関野と申します

    一言お礼をさせていただきたく、こんな前のエントリーにコメントをさせていただく次第です.

    僕も日本語入力を何とかしようとだいぶ前からちびちびと作業を進めていましたが,ちょっと行き詰まり気味。
    そんな時に、このエントリー「Javaでサービスを組む」を拝見させていただいたのをきっかけに、一気に先の見通しが明るくなりました.

    ありがとうございます.

    ところで、
    インストール方法とシステムのファイルの修正はそんなに敷居は高くないと思いますよ.
    Javaでファイルを直接触るためのインターフェースを作っておいて、普通のアプリ側から弄ってしまえばいいだけだと思います.

  2. 関野さんからお礼だなんて、とても恐縮してしまいます。
    最近は生きていくためのお仕事が忙しく何も出来ない状況なのですが、構想だけは色々と…
    もっと根っこの部分に日本語を流し込めないのか、と思っていますがどうなるか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>